top of page
001_外観北東面_6966.jpg

132床の急性期病院「むさしの病院」 街道沿いにリニアに計画した建築は、近隣の景色と相まって爽快な景観をつくり出し、ハイブリットERやハイケアユニットなどの充実した設備を備え、地域の頼れる病院をめざしています。

むさしの病院  フォトストーリー​ 頼れる急性期病院

むさしの病院地図.jpg

出典:Googleマップ

​​地域に望まれる病院をめざして・・・

医療法人社団 晃悠会 むさしの病院

西武国分寺線・拝島線小川駅から2分の街道沿に建てられ、地域に望まれる病院として計画された132床の急性期病院「むさしの病院」は、近隣の景色と相まって爽快な景観をつくり出し、一際目を引く駅の大きな広告もしっかりと存在感をアピールしている。

DSC_0402.JPG
DSC_9207.JPG
駅看板2.JPEG

近隣住民と幹線道路、全ての作業を安全第一をモットーに着々と工事は進められた。

鉄骨を組み上げる大型クレーンの作業、資材搬入用の大型車両の通行など全ての作業を安全第一で進めた。

20230404_103532.JPG
20230404_103853.JPG
20230313_153229.JPG
20230404_103738.JPG
06.JPEG
230330現場写真(渡邊さん).JPG
ハイブリッドER.png

大型病院並みの救急設備と機器や設備を備えた院内は、患者さんとそのご家族に安心感と信頼性を与えている。

都内にわずか2施設しかない[ハイブリッドER]を備え、24時間365日いつでも救急患者を受け入れる体制が整っている。人工心肺装置を備えた手術室も充実している。​

救急処置室.png
救急入口.png
OPE室.png

​清潔感のある広々とした待合ロビー、病棟には患者さんファーストの個室空間とウッドデッキも備えている。

寛ぎながら待つことができる広々としたロビー。診察室のドアにある大きなナンバーが目的の診察室へ迷わずに誘導してくれる。病棟の諸室から望む武蔵野の風景、天気の良い日は富士山も眺めることも出来る。病棟の隅にあるバルコニーは外へ出ることは出来ないが、患者さんにとっては癒しの空間だ。

外来中待合_edited.jpg
外来ロビー_edited.jpg
個室.png
ウッドデッキ.png
bottom of page